名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 熱拡散率測定装置(キセノンフラッシュ法熱定数測定装置)

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成23年 (財)JKA設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 熱拡散率測定装置(キセノンフラッシュ法熱定数測定装置)
設備の概要
(目的、用途)
本測定装置では、金属やセラミックスといった熱伝導性の高い材料の熱物性値を日本工業規格JIS R 1611に準拠して測定することができます。また、熱伝導性シート等の複合材料の測定にも対応しています。
メーカー ネッチ
型式 LFA 447-NS22 Nanoflash
設備仕様

測定方法:キセノンフラッシュ法
温度範囲:室温〜300℃
試験体形状:直径10mm、厚さ0.5〜2mmの円板

設置場所 電子技術総合センター 3F 暗室(E302)
問合せ先 システム技術部 生産システム研究室
高橋文明(052-654-9938)
その他 この設備は、財団法人JKAの平成23年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H23.12.20設置)
写真
熱拡散率測定装置(キセノンフラッシュ法熱定数測定装置)

このページの先頭へ