名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 電子線マイクロアナライザー

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:昭和63年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 電子線マイクロアナライザー
設備の概要
(目的、用途)
本装置は直径1ミクロン程度に細く絞った電子線を試料表面に照射することにより、その部分より発生する特性X線などの各種信号を利用して構成元素や表面状態などを局所的に解析することができます。分析項目は定性分析の他、線分析や特性X線像などの面分析、標準試料との比較で行う半定量分析などが可能です。当所設置機器により解析できる元素範囲は、B(ボロン)からU(ウラン)までです。
メーカー (株)島津製作所
型式 EPMA8705
設備仕様

X線分光方式:波長分散型
X線分光器数:3台
電子線分解能:60Å(オングストローム)
分光可能元素:5B〜92
X線取出角度:62.5°

設置場所 研究棟 2F 電子顕微鏡室(R213)
問合せ先 材料技術部 金属・表面技術研究室
岡東寿明(052-654-9853)
その他
写真
電子線マイクロアナライザー

このページの先頭へ