名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 振動試料型磁力計

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成8年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 振動試料型磁力計
設備の概要
(目的、用途)
試料の磁気特性を評価に用います。電磁石で発生させた磁場中で、微小な試料を一定の周波数・振幅で振動させることで電磁誘導の原理により検出コイルに起電力を生じます。これを検出することで,試料の磁化の大きさなどの測定に用います。
メーカー 東英工業
型式 VSM-5-15AUTO
設備仕様

・磁化測定範囲 ±0.001〜±200emu
・磁界測定範囲 ±250mOe〜±15kOe

設置場所 中間実験工場 2F 繊維加工実験室
問合せ先 材料技術部 金属・表面技術研究室
三宅猛司(052-654-9915)
その他
写真
振動試料型磁力計

このページの先頭へ