名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > ロックウェル硬さ試験機

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成24年

装置名 ロックウェル硬さ試験機
設備の概要
(目的、用途)
金属材料の硬さを圧子押し込みにより測定する最も一般的な硬さ測定機です。構造材料・機能材料(電子材料など)を問わず金属材料の測定が可能です。引張強度の推測、加工硬化領域や浸炭・窒化・表面焼入れなどの硬化層深さの把握など、多方面の目的に対応します。
ただし、測定荷重が小さいほど表面粗度を小さくする必要があり、測定面の鏡面研磨が必要な場合が多くあります。また、深さ方向に硬さ分布がある場合は、表面からではなく、切断面から硬さ分布を測定する必要があります。深さ方向の硬さ分布の有無などが不明なままでは測定法を選定できませんので、あらかじめ組織観察が必要な場合もあります。
メーカー フューチュアテック
型式 FR-1e
設備仕様

付属圧子:円すい形ダイヤモンド、鋼球1/16インチ、超硬球1/16インチ
試験荷重:60, 100, 150kgf、 基準荷重:10kgf
試験荷重保持時間:1-99秒

設置場所 研究棟 2F 顕微鏡室(R212)
問合せ先 材料技術部 金属・表面技術研究室
岡東寿明(052-654-9853)
その他
写真
ロックウェル硬さ試験機

このページの先頭へ