名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 薄膜摩擦摩耗試験機

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成10年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 薄膜摩擦摩耗試験機
設備の概要
(目的、用途)
窒化チタン、炭化チタン等の硬質皮膜や硬質陽極酸化皮膜の摩擦磨耗特性評価に用います。
メーカー CSEM
型式 トライボメーター/HT
設備仕様

・ボール・オン・ディスク方式
・荷重:1〜10N
・回転速度:1〜500rpm
・摩擦力測定:差動トランスによる弾性アームの変位測定
・加熱時測定:700℃まで可能
・潤滑油中で測定可能

設置場所 研究棟 5F 電気化学測定室(R509)
問合せ先 材料技術部 金属・表面技術研究室
三宅猛司(052-654-9915)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成10年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H10.11.30設置)
写真
薄膜摩擦摩耗試験機

このページの先頭へ