名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 流動特性測定装置

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成17年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 流動特性測定装置
設備の概要
(目的、用途)
プラスチックや未加硫ゴムなどの粘度を測定する装置です。
10sec-1から10000sec-1程度の高剪断域での粘度を一度に測定することが可能です。
各種補正によりより真の値に近いデータを取得でき、製品比較だけでなくCAEでの流動解析にも利用することができます。
メーカー マルバーンインスツルメンツ
型式 Rosand RH7-D
設備仕様

最高測定温度 400℃
最大荷重 50kN
剪断粘度、伸長粘度(Cog-Swell法により算出)、バーグレー補正、ラビノビッチ補正、ダイスウエル

設置場所 中間実験工場 2F 高分子加工実験室
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
岡本和明(052-654-9902)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成17年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H18.3.3設置)
写真
流動特性測定装置

このページの先頭へ