名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析計

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成17年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析計
設備の概要
(目的、用途)
本装置は、試料ガスの分離・定性分析を測定するシステムです。揮発性試料であれば直接ガスクロマトグラフィーに導入し分離後、質量分析計にて質量スペクトルを測定します。不揮発性液体試料や固体試料の場合は、熱分解炉を用いて加熱分解し、発生したガスをガスクロマトグラフ-質量分析計に導入することも可能です。得られるデータから、有機物や高分子試料の成分や種類を推定します。
メーカー パーキンエルマー
型式 Clarus500
設備仕様

ダブルショット分析法対応
質量範囲:10-600 Da
加熱炉温度:最大600度

設置場所 研究棟 4F 高分子材料分析室(R411)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
山中基資(052-654-9888)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成17年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H18.3.17設置)
写真
熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析計

このページの先頭へ