名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 表面性測定機

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成元年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 表面性測定機
設備の概要
(目的、用途)
本装置は摩擦係数測定、摩耗試験、引っかき試験、剥離試験が可能な摩擦摩耗試験機です。それぞれの試験に応じたアタッチメントが揃っています。テーブルの移動速度や移動距離、表面温度、往復回数を設定して試験を行います。
メーカー 新東科学(株)
型式 HEIDON-14DANL
設備仕様

測定荷重: 2000gfまで
垂直荷重: 1000gfまで
テーブル寸法: 240 x 120 mm
テーブル移動速度: 30〜6000 mm/min
移動距離: 10〜100 mm
往復回数: 最大99回、または連続運転
加熱ステージ: 最高 200℃まで昇温可能

設置場所 研究棟 3F 機器測定室(R314)
問合せ先 プロジェクト推進室
波多野諒(052-654-9954)
その他
写真
表面性測定機

このページの先頭へ