名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 成形機(射出成形機)

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成12年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 成形機(射出成形機)
設備の概要
(目的、用途)
型締力18トンの全電動射出成形機です。スクリュー径20mm、理論射出体積18cm3と小さく、少量の樹脂でも成形可能です。付属の金型では、引張試験片、短冊形試験片、小形角板試験片等の成形をすることができます。
メーカー 住友重機械工業株式会社
型式 SE18S
設備仕様

スクリュー径:20mm
最大型締力:18トン
理論射出体積:18cm3
設定可能温度:〜399℃
使用可能金型:5種
金型温調機:水タイプ(室温〜120℃)

成形可能な試験片
・引張試験片(JIS K 7162附属書A 1BA形)
・短冊形試験片(4×10×80mm3)
・小形角板試験片(1 or 2×50×55mm3)

設置場所 中間実験工場 1F 化学工場
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
岡本和明、名倉あずさ(052-654-9902,9950)
その他 この設備は、中小企業庁の平成12年度 地域ものづくり対策事業費補助金事業(中小企業技術開発産学官連携促進事業)によって導入されました。(H13.1.31設置)
写真
成形機(射出成形機)

このページの先頭へ