名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 超音波発振装置

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:昭和62年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 超音波発振装置
設備の概要
(目的、用途)
本装置は溶液や固液混合物に対して超音波振動により激しい衝撃を加えることができます。混合物の均質化、乳化、分散処理などに利用します。
メーカー ブランソン
型式 SonifierUmodel450
設備仕様

出力:400W (連続可変)
周波数:20 kHz
デューティー比設定: 10〜90%、または連続運転
タイマー機能: 最大15分、連続運転も可能

設置場所 研究棟 4F プロジェクト推進室(R407)
問合せ先 支援総括室
山口浩一(052-654-9898)
その他
写真
超音波発振装置

このページの先頭へ