名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 熱特性測定機

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成7年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 熱特性測定機
設備の概要
(目的、用途)
本装置では2台の熱分析測定モジュールを制御しています。測定モジュールはTG-DTAおよびDSCです。TGからは減量、増量の開始温度や減量率、DTAおよびDSCからは吸熱、発熱反応における情報が得られ、分解、酸化や転移等が観察できます。
メーカー マックサイエンス
型式 SYSTEM WS002
設備仕様

雰囲気:大気、窒素、アルゴン
試料容器材質:アルミニウム、アルミナ、白金
試料容器形状:φ5.2×2.6、φ5.2×5.1
TG-DTA
天秤形式:上皿式差動型示差熱天秤
常用温度:室温〜1300℃
DSC
検出方式:熱流速型
常用温度:室温〜1400℃

設置場所 研究棟 4F 無機材料測定室(R412)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
川瀬聡(052-654-9925)
その他
写真
熱特性測定機

このページの先頭へ