名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > X線分析顕微鏡

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成19年 (財)JKA設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 X線分析顕微鏡
設備の概要
(目的、用途)
試料の光学像より指定した任意の場所にX線ビームを照射することで微小部の分析を行う装置である。試料の特殊な前処理が不要、測定が大気雰囲気中、マッピング分析像・透過X線像の観察が可能、非破壊分析という特徴から、異物分析や材料分析等に利用するほか、既設の蛍光X線分析装置やX線マイクロアナライザーでは測定できなかった含水試料・含油試料の分析に用いる。
メーカー (株)堀場製作所
型式 XGT-5000 TYPE IS
設備仕様

X線管: 最大50 kV, 1 mA (Rh ターゲット)
空間分解能: 100 μm
検出元素: 11Na 〜 92U
最大測定範囲: 100 mm × 100mm

設置場所 研究棟 4F 高分子物性試験室(R408)
問合せ先 プロジェクト推進室
波多野諒(052-654-9954)
その他 この設備は、(財)JKA(旧日本自転車振興会)の平成19年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H20.2.29設置)
写真
X線分析顕微鏡

このページの先頭へ