名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > スプレードライヤー

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成14年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 スプレードライヤー
設備の概要
(目的、用途)
試料を含有する溶液あるいは懸濁液を加熱した空間にスプレー放出することにより、瞬間的に溶媒を気化除去し、乾燥させた試料粉末あるいは造粒体を得る機器です。本装置は水液のみ対応しています。
メーカー 東京理科器械
型式 SD-1000
設備仕様

水分蒸発量:Max 1500 mL/h
乾燥空気量:0.20〜0.75m3/min
噴霧圧力:49〜245 kPa
入口温度調節範囲:40〜200℃
出口温度:Max 100℃
スプレーノズル:試料吐出穴径 直径0.40 mm
                    キャップ穴径 直径0.71 mm

設置場所 研究棟 4F 無機材料測定室(R412)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
岸川允幸(052-654-9884)
その他 この設備は、中小企業庁の平成14年度 技術開発研究事業(共同研究) によって導入されました。(H14.11.11設置)
写真
スプレードライヤー

このページの先頭へ