名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 液体クロマトグラフ

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成14年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 液体クロマトグラフ
設備の概要
(目的、用途)
分離剤を充填した分離管中を溶媒と共に分析試料を流通さ
せ、試料成分の分離と濃度測定を行ないます。ガスクロマトグラフと同様に多成分混合試料の分析や微量成分の定量などに用いますが、難揮発性物質や熱に不安定な化合物の分析に適します。
メーカー (株)島津製作所
型式 LC-VPシリーズ
設備仕様

検出器:紫外・可視、分光蛍光
通常時カラム:ODSカラム
通常時移動相:水-メタノール系
オートサンプラあり

設置場所 研究棟 4F 無機材料測定室(R412)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
岸川允幸(052-654-9884)
その他 この設備は、中小企業庁の平成14年度 技術開発研究事業(共同研究) によって導入されました。(H14.11.6設置)
写真
液体クロマトグラフ

このページの先頭へ