名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 蛍光X線分析装置

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成7年

装置名 蛍光X線分析装置
設備の概要
(目的、用途)
各種固体材料の元素分析を行います。標準物質がなくても既存のデータを利用して半定量分析を行い、おおよその含有量を算出することが可能です。標準物質を用いて正確な定量分析を行うこともできます。
メーカー (株)リガク
型式 RIX2000
設備仕様

X線分光方式:波長分散方式
X線管:ターゲットRh
測定径:30mm,20mm,10mm
分光結晶:LiF(200), PET(002), TAP(100), Ge(111)
             LiF(220), RX40, RX60
分析可能元素:5B-92U
検出器:シンチレーションカウンタ
ガスフロー型プロポーショナルカウンタ
付属設備:卓上型高周波ビードサンプラー

設置場所 研究棟 4F X線測定室(R414)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
野々部恵美子(052-654-9919)
その他
写真
蛍光X線分析装置

このページの先頭へ