名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > キャピラリー電気泳動装置

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成16年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 キャピラリー電気泳動装置
設備の概要
(目的、用途)
本装置はめっき液等の水溶液中に含まれる陽イオン、陰イオンをキャピラリー管内で電気泳動することにより分離し、定性及び定量分析を行う装置です。イオンクロマトグラフと比較して安価なキャピラリー管を使用することで、金属イオン濃度の高い溶液等にも適用できます。
メーカー 大塚電子
型式 CAPI-3300
設備仕様

キャピラリー:0.075(I.D.)×0.375(O.D.)×800(L)mm(標準)
電源:±30kV、300mA 定電流、定電圧、グラジェント可
オートサンプラー:測定45検体、バッファ6種類
試料注入:落差法、電気浸透法
検出器:フォトダイオードアレイ
測定波長範囲:190〜600nm
波長精度:±1.0nm
光源:25W重水素ランプ

設置場所 研究棟 5F (R505)
問合せ先 材料技術部 金属・表面技術研究室
松本宏紀(052-654-9911)
その他 この設備は、中小企業庁の平成16年度技術開発研究費補助事業 によって導入されました。(H16.10.8設置)
写真
キャピラリー電気泳動装置

このページの先頭へ