名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 高周波真空溶解炉

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成11年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 高周波真空溶解炉
設備の概要
(目的、用途)
高周波真空溶解炉は、真空中もしくは不活性ガス雰囲気中で溶解・鋳造できるため、酸化膜や不純物など介在物が混入しない高品質の合金作製が可能です。また、加熱方法に誘導加熱を用いるため、金属を素早く溶解できるとともに、磁場の影響による攪拌効果もあり、均質な合金作製が可能です。
メーカー 富士電波工業(株)
型式 FVM-3 FTH-20
設備仕様

溶解量:アルミニウム換算で1kg
溶解最高温度:1500℃
真空度:10-2Torr (1.33Pa、ただし標準大気圧は 133.3Pa)

設置場所 中間実験工場 1F 繊維機械実験室
問合せ先 支援総括室
山岡充昌(052-654-9850)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成11年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H12.2.10設置)
写真
高周波真空溶解炉

このページの先頭へ