名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 熱回路網法プログラム Nodalnet

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成22年 「住民生活に光をそそぐ交付金制度」事業を活用した新製品開発支援事業のアイコン

装置名 熱回路網法プログラム Nodalnet
設備の概要
(目的、用途)
熱回路網法を使用して、温度の計算を行う。複雑な形状や現象を簡易的に扱い、大規模な問題のパラメータ評価ができる。熱流体シミュレーションと併用することで効果が上がる。
メーカー サーマルデザインラボ
型式 Nodalnet45
設備仕様

線形・非線形、定常・非定常温度変化の計算、

融解・凝縮などの相変化の解析

設置場所 電子技術総合センター 4F 3Dものづくり工房CAEルーム(E406)
問合せ先 システム技術部 生産システム研究室
梶田欣 (052-654-9940)
その他 この設備は、国の実施する「住民生活に光を注ぐ交付金制度」事業を活用し、H22年新製品開発支援事業によって導入されました。(H23.2.7設置)
写真
その他の画像
熱回路網法プログラム Nodalnetの補足画像1

熱回路網法を使った温度計算

このページの先頭へ