名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > HDT試験機

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成20年 地域新生コンソーシアム研究開発事業のアイコン

装置名 HDT試験機
設備の概要
(目的、用途)
JIS K 7191-1,2記載のプラスチックの荷重たわみ温度
及び
JIS K 7206記載のビカット軟化温度を測定するための装置です。
メーカー 東洋精機製作所
型式 3M-2
設備仕様

・測定可能温度:室温〜300℃
・n数:3

荷重たわみ温度
・荷重:0.45MPa(低荷重)、1.80MPa(高荷重)
対応試験片:80×10×4mm(t)フラットワイズ(JIS K 7191)
       120×10×4mm(t)エッジワイズ(JIS K 7191)
       127×12.7×3.2mm(t)エッジワイズ(ASTM D 648)

ビカット軟化温度
・荷重:10N

設置場所 中間実験工場 2F 高分子加工実験室
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
岡本和明、名倉あずさ(052-654-9902,9950)
その他 この設備は、地域新生コンソーシアム研究開発事業で導入されました。
写真
HDT試験機

このページの先頭へ