名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 光学特性評価システム - 全光束測定システム

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成26年

装置名 光学特性評価システム - 全光束測定システム
設備の概要
(目的、用途)
本システムは、光源の光学特性を評価する装置です。φ40inch(約1000mm)積分球を使用し、分光測光検出器と接続して、全光束を測定します。また、測定時にAC電源もしくはDC電源と連動することで、発光効率も測定可能です。
メーカー 大塚電子(株)
型式 FM-9100
設備仕様

測定波長:360〜830nm
全光束測定範囲:0.5〜100,000lm
積分球サイズ:Φ40inch(約1m)
分光器:MCPD­9800(3095C)
測定項目:全光束、発光効率、色度、色温度、演色性評価数、など
測定対象例:小型電球、蛍光管(70cmまで)

設置場所 電子技術総合センター 4F 第2メカトロ実験室(E401)
問合せ先 システム技術部 電子技術研究室
村瀬真(052-654-9930)
その他 この設備は、平成25年度補正予算事業「地域オープンイノベーション促進事業」(東海地域)によって導入されました。
写真
光学特性評価システム - 全光束測定システム

このページの先頭へ