名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 顕微赤外分光システム

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成13年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 顕微赤外分光システム
設備の概要
(目的、用途)
赤外吸収スペクトルを測定することにより、異物の成分分析・同定ができます。顕微鏡を使うことにより数十μ程度の微小異物や微小部分の測定が可能です。
メーカー バイオ・ラッドラボラトリーズ
型式 MX3000/UMA600
設備仕様

測定モード
 透過
 反射
 ATR(ゲルマニウム)

設置場所 研究棟 3F 光学測定室(R313)
問合せ先 システム技術部 製品技術研究室
朝日真澄(052-654-9889)
その他
写真
顕微赤外分光システム

このページの先頭へ