名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 振子式油性試験機

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:昭和60年

装置名 振子式油性試験機
設備の概要
(目的、用途)
振子の減衰から振子軸の摩擦係数を測定する。振子軸は浴槽に囲まれ、浴槽に種々の潤滑油を満たすことで、油の摩擦特性の比較が行える。
メーカー 神鋼造機
型式
設備仕様

振子軸Φ2(SUJ2)
最大揺動角0.7ラジアン
振動周期 約4秒
油容量 約4cc

設置場所 研究棟 1F 製品技術研究室(R104)
問合せ先 システム技術部 製品技術研究室
淺尾洋貴、夏目勝之(052-654-9934,9861)
その他
写真

このページの先頭へ