名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 熱間押出し装置

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成11年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 熱間押出し装置
設備の概要
(目的、用途)
高温下で不活性ガスによって圧力をかけ、金属をブロー成形する。超塑性材料の評価をする。
メーカー JTトーシ
型式 HPR50
設備仕様

最大押出し力500kN
金型Φ40→Φ20、Φ10、Φ5に対応
最大使用温度600℃

設置場所 中間実験工場 1F 機械工場
問合せ先 プロジェクト推進室
児島澄人(052-654-9913)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成11年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H12.1.31設置)
写真
熱間押出し装置

このページの先頭へ