名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 三次元造形機

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成22年 「住民生活に光をそそぐ交付金制度」事業を活用した新製品開発支援事業のアイコン

装置名 三次元造形機
設備の概要
(目的、用途)
金型を使用せずCADデータから直接プラスチック製品を作製する装置です。金型を作製する前に機能性やデザイン等の確認が可能な他、プレゼンにも使用することが出来ます。また、平成21年度に導入されたX線CTを利用することによってクレイモデル等のリバースエンジニアリングも可能です。
メーカー Stratasys社
型式 FORTUS 400mc-L
設備仕様

造形方式:熱溶解積層造形法
最大造形サイズ:406 ×355 ×406 mm
樹脂:ABS-M30, PC, ULTEM*9085
積層ピッチ:0.127/0.178/0.254/0.330 mm
ソフトウェア:Insight, Magics

設置場所 中間実験工場 1F IoT活用拠点-3Dものづくり支援センター
問合せ先 システム技術部 生産システム研究室
近藤光一郎(052-654-9892)
その他 この設備は、国の実施する「住民生活に光を注ぐ交付金制度」事業を活用し、H22年新製品開発支援事業によって導入されました。(H23.3.11設置)
写真
三次元造形機

このページの先頭へ