名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 非接触三次元デジタイザ

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成24年 (財)JKA設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 非接触三次元デジタイザ
設備の概要
(目的、用途)
本装置は表面形状を三次元座標値を持った点群データとして測定するシステムです。測定対象に縞模様を投影し、そのイメージをCCDカメラで取り込み計算することで表面形状を測定します。測定対象の大きさに合わせたレンズに交換でき幅広い測定が可能です。取得したデータは寸法検査、CADとの比較等が可能です。また測定データを加工することで三次元造形機やCAEで利用できます。
メーカー GOM mbH
型式 ATOS III Triple Scan
設備仕様

カメラ:800万画素CCD×2台
測定範囲(縦×横×奥行き):560×420×420、320×240×240、 170×130×130、100×75×70、60×45×35(mm)
ローテーションテーブル:直径640mm、耐荷重150kg
小物測定用テーブル:カメラ昇降リフト、チルト機構付き回転テーブル(耐荷重5kg)
ソフトウェア:ATOS Professional 7.5 SP1(制御、検査)、
Rapidform XOR3(CADデータ作成)

設置場所 研究棟 1F 精密実験室(R110)
問合せ先 システム技術部 生産システム研究室
真鍋孝顯(052-654-9852)
その他 この設備は、財団法人JKAの平成24年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H25.2.14設置)
写真
非接触三次元デジタイザ

このページの先頭へ