名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > プリント基板・はんだ導体抵抗評価システム(低温恒温恒湿器・冷熱衝撃装置・導体抵抗評価システム)

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成18年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 プリント基板・はんだ導体抵抗評価システム(低温恒温恒湿器・冷熱衝撃装置・導体抵抗評価システム)
設備の概要
(目的、用途)
電子機器・部品をはじめとした試料に様々な温度・湿度のストレスを加えることができます。
想定される最高/最低温湿度条件での動作確認や、通常より厳しい条件での放置・動作試験(=高速で劣化させる)などを目的として用いられ、試料の動作保証・耐久試験・市場での不具合の再現などに使用されます。
メーカー エスペック(株)
型式 PL-3KP・TSA-101S-W・AMR-120-PD
設備仕様

<恒温恒湿槽>
制御範囲:-40〜100℃/20〜98%RH
槽内サイズ:W600×H850×D800mm

<冷熱衝撃試験機>
高温槽:60〜200℃
低温槽:-70〜0℃
槽内サイズ:W650×H460×D370mm

<導体抵抗評価システム>
抵抗測定範囲:1×10^3〜1×10^6Ω(ケーブル先端にて)
測定チャンネル数:120

設置場所 電子技術総合センター 2F 環境試験室(E208)
問合せ先 システム技術部 電子技術研究室
村瀬真、立松昌(052-654-9930,9935)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成18年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H18.12.8設置)
写真
プリント基板・はんだ導体抵抗評価システム(低温恒温恒湿器・冷熱衝撃装置・導体抵抗評価システム)

このページの先頭へ