名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > デジタルマイクロスコープ

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成23年 (財)JKA設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 デジタルマイクロスコープ
設備の概要
(目的、用途)
デジタルマイクロスコープは、デジタル画像として取り込んだ光学顕微鏡像をモニター上で観察できる装置で、試料表面の異物や欠陥の拡大観察、2点間距離や角度、面積等の計測などに適しています。また、画像連結機能による高倍率かつ広範囲の合成画像や、深度合成機能による全領域に焦点のあった合成画像の取得が容易で、3Dでの形状表示もできるため、多彩な観察に使用できます。
メーカー ハイロックス
型式 KH-7700
設備仕様

撮像素子:1/1.8型211万画素CCD
倍率:35〜2500倍
アダプタ等:角度可変ロータリーヘッド、拡散照明、可変照明、片射、偏光、透過照明
主な機能:静止画、動画、2D計測、3D観察

設置場所 電子技術総合センター 3F 先端技術開放試験室(E301)
問合せ先 システム技術部 電子技術研究室
村瀬真(052-654-9930)
その他 この設備は、財団法人JKAの平成23年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H23.9.29設置)
写真
デジタルマイクロスコープ

このページの先頭へ