名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 汎用分光光度計

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:昭和54年

装置名 汎用分光光度計
設備の概要
(目的、用途)
フィルムなどの試料の透過特性や、鏡面試料などの反射特性を測定できます。波長成分ごとに分光した特性が得られますので、色ごとに透過や反射のしやすさが分かります。
メーカー 日立製作所
型式 340S
設備仕様

波長範囲:UV-VIS 190〜850nm、NIR 800〜2600nm
光源:D2ランプ(UV)、Wランプ(VIS、NIR)
検出器:PM(UV-VIS)、PbSセル(NIR)

設置場所 電子技術総合センター 4F 光エレクトロニクス研究室(E403)
問合せ先 システム技術部 電子技術研究室
村瀬真(052-654-9930)
その他
写真
汎用分光光度計

このページの先頭へ