名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 雑音総合評価試験器

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:昭和61年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 雑音総合評価試験器
設備の概要
(目的、用途)
本装置はインパルスノイズ試験、電源電圧瞬時停電試験及び電源電圧降下試験を行う装置です。
メーカー ノイズ研究所
型式 EMC-5000
設備仕様

被試験装置電源;単相AC100V、インパルス幅;50nsec・100nsec・200nsec・250nsec・400nsecおよびその組み合わせ、最大幅1μsec、最大電圧;2000V

設置場所 電子技術総合センター 3F 先端技術開放試験室(E301)
問合せ先 システム技術部 電子技術研究室
白川輝幸(052-654-9931)
その他
写真
雑音総合評価試験器

このページの先頭へ