名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > RFインピーダンスアナライザ

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:昭和60年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 RFインピーダンスアナライザ
設備の概要
(目的、用途)
本装置は電子部品のインピーダンスの周波数特性を測定する装置です。
メーカー 横河ヒューレットパッカード
型式 4191A
設備仕様

測定項目;インピーダンスの絶対値、アドミタンスの絶対値、位相角 測定周波数;1MHz〜1000MHz 実用的な測定レンジ;インピーダンスの絶対値(100mΩ〜20kΩ)、アドミタンスの絶対値(100μS〜10S)、位相角(±0.01°〜±180°)

設置場所 電子技術総合センター 3F 先端技術開放試験室(E301)
問合せ先 システム技術部 電子技術研究室
白川輝幸(052-654-9931)
その他
写真
RFインピーダンスアナライザ

このページの先頭へ