名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 垂直入射吸音率測定装置

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成24年

装置名 垂直入射吸音率測定装置
設備の概要
(目的、用途)
吸音材の垂直入射吸音率と垂直入射音響透過損失を測定できます。また各種パラメータを入力して簡易な材料シミュレーションを行うこともできます。
メーカー 日東紡音響エンジニアリング
型式 WinZac MTX
設備仕様

<垂直入射吸音率測定>
・周波数範囲/試験体サイズ:
100〜1600Hz程度/φ99.3mm
315〜5000Hz程度/φ28.6mm
(500〜8000Hz程度/φ15.4mm要相談)
・最大厚さ:試験体+背後空気層で600mm
<垂直入射音響透過損失測定>
・周波数範囲/試験体サイズ:
100〜1600Hz程度/φ101.4mm
315〜5000Hz程度/φ30.6mm
・試験体厚さ:100mmまで

設置場所 研究棟 2F 計測技術研究室(R203)
問合せ先 システム技術部 計測技術研究室
山内健慈(052-654-9877)
その他
写真
垂直入射吸音率測定装置

このページの先頭へ