名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 粘弾性測定器

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成5年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 粘弾性測定器
設備の概要
(目的、用途)
貯蔵(動的)弾性率、損失正接(tanδ)の温度分散、周波数分散、時間変化を求めるプラスチック・ゴムの動的粘弾性測定(DMA)により、剛性、振動減衰性、耐熱性、断熱性の評価、ガラス転移領域の決定ができます。
メーカー レオロジ
型式 DVE-V4
設備仕様

チャック:引張り、圧縮、せん断、曲げ
温度範囲:−150〜350℃
振動周波数:0.1〜999Hz,合成波

設置場所 研究棟 2F 計測技術研究室(R208)
問合せ先 システム技術部 計測技術研究室
足立廣正(052-654-9864)
その他
写真
粘弾性測定器

このページの先頭へ