名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 平成14年

主要設備・設備検索

新規導入設備一覧へ戻る

新規導入設備

導入年度:平成14年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 顕微ラマン分光装置
設備の概要
(目的、用途)
プラスチック、炭素材料等の構造解析、応力・ひずみ測定に使用。
メーカー ジョバンイボン
型式 SuperLabRam
設備仕様

レーザ:633nm(He-Ne)、対物レンズ100倍(最大)

設置場所 研究棟 4F 高分子物性試験室(R408)
問合せ先 システム技術部 製品技術研究室
二村道也(052-654-9866)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成14年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H15.2.14設置)
写真 顕微ラマン分光装置の画像

導入年度:平成14年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 小型疲労試験機
設備の概要
(目的、用途)
プラスチックの疲労試験、耐久性評価に使用。
メーカー 島津製作所
型式 EHF-LB5kN
設備仕様

荷重:±5kN、変位:±25mm

設置場所 研究棟 4F 高分子物性試験室(R408)
問合せ先 システム技術部 製品技術研究室
二村道也(052-654-9866)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成14年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H15.1.31設置)
写真 小型疲労試験機の画像

導入年度:平成14年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 分光光度計
設備の概要
(目的、用途)
本装置は固体および溶液の分光特性を調べる装置です。通常の測定だけでなく、拡散測定にも対応しております。
メーカー 日本分光
型式 V-570DS
設備仕様

・波長範囲 : 190〜2,500nm
・測光範囲 : -2〜3Abs
・恒温セルホルダー :10〜60℃
・回転試料ホルダを利用した偏光測定可能
・積分球を用いた拡散測定が可能

設置場所 研究棟 4F 高分子材料分析室(R411)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
林英樹(052-654-9912)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成14年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H14.12.9設置)
写真 分光光度計の画像

導入年度:平成14年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 超純水作製装置
設備の概要
(目的、用途)
膜物質の合成や膜作製において使用する超純水を作製するのに使用します。
メーカー 日本ミリポア(株)
型式 EliX3UV+Milli-Q Gradient
設備仕様

•総有機物量(TOC) : 5ppb以下
•比抵抗 : 18MΩ・cm以上

設置場所 研究棟 5F 表面物性測定室(R510)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
林英樹(052-654-9912)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成14年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H14.11.28設置)
写真 超純水作製装置の画像

導入年度:平成14年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 サイズ排除クロマトグラフ
設備の概要
(目的、用途)
クロロホルムなどの有機溶媒を使用して、有機(高分子)材料の分子量及び分子量分布が求められます。
メーカー 日本分光
型式 LC-2000Plus
設備仕様

•オートサンプラの使用による連続測定が可能
•カラム温度 :室温+15℃〜80℃

設置場所 研究棟 4F 高分子材料分析室(R411)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
林英樹(052-654-9912)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成14年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H14.12.10設置)
写真 サイズ排除クロマトグラフの画像

導入年度:平成14年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 スプレードライヤー
設備の概要
(目的、用途)
試料を含有する溶液あるいは懸濁液を加熱した空間にスプレー放出することにより、瞬間的に溶媒を気化除去し、乾燥させた試料粉末あるいは造粒体を得る機器です。本装置は水液のみ対応しています。
メーカー 東京理科器械
型式 SD-1000
設備仕様

水分蒸発量:Max 1500 mL/h
乾燥空気量:0.20〜0.75m3/min
噴霧圧力:49〜245 kPa
入口温度調節範囲:40〜200℃
出口温度:Max 100℃
スプレーノズル:試料吐出穴径 直径0.40 mm
                    キャップ穴径 直径0.71 mm

設置場所 研究棟 4F 無機材料測定室(R412)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
岸川允幸(052-654-9884)
その他 この設備は、中小企業庁の平成14年度 技術開発研究事業(共同研究) によって導入されました。(H14.11.11設置)
写真 スプレードライヤーの画像

導入年度:平成14年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 ガスクロマトグラフ
設備の概要
(目的、用途)
分析試料を加熱・気化させて、ヘリウムガスが流通している分離管中に導入し、試料成分の分離と濃度測定を行ないます。多成分混合試料の分析や微量成分の定量などに用います。有機物分析の他、無機ガスの検出も可能です。
メーカー (株)島津製作所
型式 GC-2010 / Gcsolution
設備仕様

検出器:FID、TCD
カラム形式:キャピラリー
キャリアガス:He、Air
オートサンプラあり

設置場所 研究棟 4F 無機材料測定室(R412)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
岸川允幸(052-654-9884)
その他 この設備は、中小企業庁の平成14年度 技術開発研究事業(共同研究) によって導入されました。(H14.11.15設置)
写真 ガスクロマトグラフの画像

導入年度:平成14年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 液体クロマトグラフ
設備の概要
(目的、用途)
分離剤を充填した分離管中を溶媒と共に分析試料を流通さ
せ、試料成分の分離と濃度測定を行ないます。ガスクロマトグラフと同様に多成分混合試料の分析や微量成分の定量などに用いますが、難揮発性物質や熱に不安定な化合物の分析に適します。
メーカー (株)島津製作所
型式 LC-VPシリーズ
設備仕様

検出器:紫外・可視、分光蛍光
通常時カラム:ODSカラム
通常時移動相:水-メタノール系
オートサンプラあり

設置場所 研究棟 4F 無機材料測定室(R412)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
岸川允幸(052-654-9884)
その他 この設備は、中小企業庁の平成14年度 技術開発研究事業(共同研究) によって導入されました。(H14.11.6設置)
写真 液体クロマトグラフの画像
このページの先頭へ