名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 平成25年

主要設備・設備検索

新規導入設備一覧へ戻る

新規導入設備

導入年度:平成25年

装置名 赤外イメージング顕微鏡
設備の概要
(目的、用途)
有機材料の構造解析
メーカー パーキンエルマージャパン
型式 Frontier Gold FT IR/Spotlight400 IRイメージング
設備仕様

・透過測定、顕微ATR測定
・透過、反射、ATRイメージング
・ダイヤモンドATR
・電動マイクロマニピュレーター

設置場所 研究棟 4F 高分子材料分析室(R411)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
小田三都郎(052-654-9905)
その他 この設備は、地域新産業創出基盤強化事業(平成24年度補正予算事業)によって導入されました。
写真 赤外イメージング顕微鏡の画像

導入年度:平成25年 (公財)JKA設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 固体核磁気共鳴装置
設備の概要
(目的、用途)
核磁気共鳴装置(NMR)は、磁場の中で原子核が特定の周波数の電磁波を吸収・放出する核磁気共鳴現象を利用して、化合物の分析を行う装置です。他の分析方法と比較して得られる情報が多く、物質の構造や配列など、様々なことを調べることができます。
特に本機器は固体状態での測定が可能で、対応できる核種も多いので、従来よく測定されてきた高分子をはじめとする有機物だけでなく、無機物の測定も可能で、これまで以上の適用範囲が期待できます。
メーカー ブルカー・バイオスピン(株)
型式 AVANCEV400HD
設備仕様

・磁場強度: 9.4 T
・プロトン共鳴周波数: 400MHz
・溶液測定用プローブ
・測定可能核: 1H, 19F, 31P〜15N
・温度制御: 室温〜100℃
・固体測定用プローブ
1)4 mmφCP-MASプローブ
・測定可能核: 1H, 31P〜15N
・ロータ回転速度: 〜18 kHz
・温度制御: 室温〜100℃
2)1.3 mmφCP-MASプローブ
・測定可能核1H, 19F, 31P〜15N
・ロータ回転速度: 〜67 kHz
・温度制御: 室温〜70℃

設置場所 研究棟 4F 高分子材料分析室(R411)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
石垣友三(052-654-9907)
その他 この設備は、公益財団法人JKAの平成25年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H26.2.27設置)
写真 固体核磁気共鳴装置の画像
このページの先頭へ