名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 音源探査および心理音響評価システム

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成15年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 音源探査および心理音響評価システム
設備の概要
(目的、用途)
機器の低騒音化や音質改善の検討に使用します。音響インテンシティ測定や近距離音響ホログラフィにより、定常音・非定常音の音源探査が行えます。また、録音した音響データについて、各種メトリクスによる客観的心理音響評価、ヘッドホン再生による主観的心理音響評価が行えます。
メーカー ブリュエル・ケア
型式 SY-3560
設備仕様

<音響インテンシティ>
•インテンシティプローブ:2マイクロホン一軸型
•インテンシティプローブ:2マイクロホン一軸型
<近距離音響ホログラフィ>
•チャンネル数:30[B&K 4935他]
•周波数範囲:537〜991Hz(マイクロホン間隔16cm時)2149〜3967Hz(マイクロホン間隔4cm時)
<心理音響評価>
•周波数範囲:ヘッド&トルソ(3.15〜20000Hz(±2dB))マイクロホンホ(6.3〜20000Hz(±2dB))
•各種メトリクス:Zwickerラウドネス、シャープネス、変動強度、ラフネス等
•各種フィルタ:バンドパス、バンドストップ等
•WAVEファイル出力が可能
•ヘッドホン再生が可能

設置場所 研究棟 2F 計測技術研究室(R203)
問合せ先 システム技術部 計測技術研究室
山内健慈(052-654-9877)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成15年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H16.3.10設置)
写真
音源探査および心理音響評価システム

このページの先頭へ