名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 高温送風定温乾燥器(熱風循環式熱処理炉)

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成12年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 高温送風定温乾燥器(熱風循環式熱処理炉)
設備の概要
(目的、用途)
700℃までの広い温度範囲で温度設定ができ、耐熱試験や焼結、焼なましなど多目的に使用できます。プログラム温度調節器により定置運転、タイマー運転、プログラム運転ができます。
メーカー 東洋製作所
型式 FV-470-S
設備仕様

加熱方式:送風式
最高使用温度:700℃
炉内寸法:幅450mm×奥行450mm×高さ450mm
雰囲気:大気、アルゴン、窒素

設置場所 研究棟 2F 熱処理実験室(R209)
問合せ先 支援総括室
毛利猛(052-654-9868)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成12年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H13.1.18設置)
写真
高温送風定温乾燥器(熱風循環式熱処理炉)

このページの先頭へ