名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > イオンクロマトグラフ

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成18年

装置名 イオンクロマトグラフ
設備の概要
(目的、用途)
原理は液体クロマトグラフとほぼ同じですが、イオン交換性能を持つ分離剤を使用します。水溶液中に含まれる陽イオンあるいは陰イオンの分離と濃度測定が可能です。ICPやXRF等が元素分析なのに対し、この方法ではイオン状態の試料を測定することができます。
メーカー 東亜ディーケーケー
型式 ICA-2000
設備仕様

検出器:電気伝導度検出
サプレッサ:陰イオンのみ(イオン交換膜型)
オートサンプラあり

設置場所 研究棟 5F (R505)
問合せ先 材料技術部 環境技術研究室
岸川允幸(052-654-9884)
その他
写真
イオンクロマトグラフ

このページの先頭へ