名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 磁化特性測定装置(直流)

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成24年

装置名 磁化特性測定装置(直流)
設備の概要
(目的、用途)
本装置は永久磁石や鉄心材など磁気材料の直流磁化特性を測定することができます。永久磁石については装置付属の電磁石のエアギャップ内に入れて励磁電流をゆっくり増減させて磁界によって生ずる磁石材の磁束を検出することで測定します。鉄心材の場合は主に閉磁路形状にした試料に2系統のトロイダル巻線を施し、1次側に流す磁界電流と2次側で検出される磁束から測定します。
メーカー 電子磁気工業
型式 BH-5501
設備仕様

検出法:誘導法(永久磁石の磁界検出はホール効果による)

印加磁界:最大2T(テスラ)(電磁石使用時で1cmギャップの場合)

設置場所 電子技術総合センター 3F 先端技術開放試験室(E301)
問合せ先 システム技術部 電子技術研究室
小田究(052-654-9929)
その他
写真

このページの先頭へ