名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 平成12年

主要設備・設備検索

新規導入設備一覧へ戻る

新規導入設備

導入年度:平成12年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 高温送風定温乾燥器(熱風循環式熱処理炉)
設備の概要
(目的、用途)
700℃までの広い温度範囲で温度設定ができ、耐熱試験や焼結、焼なましなど多目的に使用できます。プログラム温度調節器により定置運転、タイマー運転、プログラム運転ができます。
メーカー 東洋製作所
型式 FV-470-S
設備仕様

加熱方式:送風式
最高使用温度:700℃
炉内寸法:幅450mm×奥行450mm×高さ450mm
雰囲気:大気、アルゴン、窒素

設置場所 研究棟 2F 熱処理実験室(R209)
問合せ先 支援総括室
毛利猛(052-654-9868)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成12年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H13.1.18設置)
写真 高温送風定温乾燥器(熱風循環式熱処理炉)の画像

導入年度:平成12年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 万能試験機(熱間鍛造装置)
設備の概要
(目的、用途)
油圧により圧縮、鍛造、成形する装置です。 金型全体を加熱することができる炉を設置できるため、温間または熱間の恒温鍛造が可能です。 ラムストローク速度や荷重速度を制御できるため、素材の加工性の評価が可能です。また、 データ処理装置により加工時のデータを収集し解析することが可能です。
メーカー 島津製作所
型式 UH-1000kN
設備仕様

 最大容量:1,000kN
 負荷速度:0.5〜70mm/分
 ラムストローク:250mm
 試験温度:最高500℃
 テーブル有効広さ:750×750mm

設置場所 中間実験工場 1F 機械工場
問合せ先 支援総括室
毛利猛(052-654-9868)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成12年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H13.1.26設置)
写真 万能試験機(熱間鍛造装置)の画像

導入年度:平成12年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 熱間圧延装置
設備の概要
(目的、用途)
金属の薄板を作製する装置です。耐熱ロールを使用しているため加熱した板の圧延が可能です。また、インバーター制御のため圧延速度を無段階に最大速度まで設定できます。
メーカー (株)ヨシダキネン
型式 YK-S
設備仕様

ロール寸法:φ150×150mm
ロール間隙:最大26mm
圧延速度:0〜14m/分
圧延可能温度:最高400℃

設置場所 中間実験工場 2F 金属加工実験室
問合せ先 支援総括室
毛利猛(052-654-9868)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成12年度公設工業試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H13.1.18設置)
写真 熱間圧延装置の画像

導入年度:平成12年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 成形機(射出成形機)
設備の概要
(目的、用途)
型締力18トンの全電動射出成形機です。スクリュー径20mm、理論射出体積18cm3と小さく、少量の樹脂でも成形可能です。付属の金型では、引張試験片、短冊形試験片、小形角板試験片等の成形をすることができます。
メーカー 住友重機械工業株式会社
型式 SE18S
設備仕様

スクリュー径:20mm
最大型締力:18トン
理論射出体積:18cm3
設定可能温度:〜399℃
使用可能金型:5種
金型温調機:水タイプ(室温〜120℃)

成形可能な試験片
・引張試験片(JIS K 7162附属書A 1BA形)
・短冊形試験片(4×10×80mm3)
・小形角板試験片(1 or 2×50×55mm3)

設置場所 中間実験工場 1F 化学工場
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
岡本和明、名倉あずさ(052-654-9902,9950)
その他 この設備は、中小企業庁の平成12年度 地域ものづくり対策事業費補助金事業(中小企業技術開発産学官連携促進事業)によって導入されました。(H13.1.31設置)
写真 成形機(射出成形機)の画像

導入年度:平成12年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 二軸押出機(フィルム引取機付属)
設備の概要
(目的、用途)
プラスチックに添加剤を配合したり、ポリマーブレンドやポリマーアロイの開発など、広範な用途にも利用が可能なプラスチックの溶融混練装置です。
組み替え可能なセグメント方式の2本のスクリューを組み込んでいるため、混練する材料の性質に合わせてスクリューの構成を変更することが可能です。スクリュー径が15mmと小型で、材料の最少処理量は100g/hです。
ダイを変更することで、通常のペレットの他にフィルム・シートを作製することも可能です。
メーカー (株)テクノベル
型式 二軸押出機:KZW15-30TGN フィルム引取機:SNC101N.SDB100N
設備仕様

・スクリュー方式:二軸、セグメント方式
・スクリュー:径15mm、長さ450mm(L/D=30)
・ダイ:ストランドダイ2種、Tダイ1種(100mm)
・処理量:0.1 〜 2 kg/h
・温度調節:シリンダー部4点、ダイ部1点
・設定可能温度:〜400℃
・水槽、ペレタイザー、フィルム引き取り機 付属

設置場所 中間実験工場 1F 化学工場
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
岡本和明、名倉あずさ(052-654-9902,9950)
その他 この設備は、中小企業庁の平成11年度 技術開発研究事業(共同研究) によって導入された(H11.12.17設置)された「押出機」本体に、平成12年度 地域ものづくり対策事業費補助金事業(中小企業技術開発産学官連携促進事業)によって導入(H13.2.15設置)されたフィルム引取機を付属させたものです。
写真 二軸押出機(フィルム引取機付属)の画像

導入年度:平成12年 中小企業庁技術開発補助事業または技術指導施設費補助事業のアイコン

装置名 低真空走査電子顕微鏡
設備の概要
(目的、用途)
材料の表面観察、微小領域の観察
メーカー 日本電子
型式 JSM-5900LV
設備仕様

分解能3.0nm、倍率18-300.000倍、 加速電圧0.3-30kV、最大試料寸法203mm、5軸モーター駆動 X,Y,Z,T(傾斜),R(回転) オートフォーカス、オートコントラスト、ブライトネス機能

設置場所 研究棟 2F 電子顕微鏡室(R215)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
高木康雄(052-654-9890)
その他 この設備は、中小企業庁の平成12年度 地域ものづくり対策事業費補助金事業(中小企業技術開発産学官連携促進事業)によって導入されました。(H13.1.31設置)
写真 低真空走査電子顕微鏡の画像
このページの先頭へ