名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > 平成17年

主要設備・設備検索

新規導入設備一覧へ戻る

新規導入設備

導入年度:平成17年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 流動特性測定装置
設備の概要
(目的、用途)
プラスチックや未加硫ゴムなどの粘度を測定する装置です。
10sec-1から10000sec-1程度の高剪断域での粘度を一度に測定することが可能です。
各種補正によりより真の値に近いデータを取得でき、製品比較だけでなくCAEでの流動解析にも利用することができます。
メーカー マルバーンインスツルメンツ
型式 Rosand RH7-D
設備仕様

最高測定温度 400℃
最大荷重 50kN
剪断粘度、伸長粘度(Cog-Swell法により算出)、バーグレー補正、ラビノビッチ補正、ダイスウエル

設置場所 中間実験工場 2F 高分子加工実験室
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
岡本和明(052-654-9902)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成17年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H18.3.3設置)
写真 流動特性測定装置の画像

導入年度:平成17年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 樹脂混練機
設備の概要
(目的、用途)
プラスチック同士のブレンドなど異種材料の混練が可能なバッチ処理式のミキサです。
モータトルクをモニタすることにより熱可塑状態や加工性の評価を行えます。
ミキサユニットを1軸押出機ユニットと交換することにより、単軸押出機として利用することも出来ます。
メーカー 東洋精機製作所
型式 ラボプラストミル4C150
設備仕様

最高使用温度 400℃
ミキサ容量 60-90cc
押出機吐出量 0.5〜2kg/h

設置場所 中間実験工場 2F 高分子加工実験室
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
岡本和明、名倉あずさ(052-654-9902,9950)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成17年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H18.3.17設置)
写真 樹脂混練機の画像

導入年度:平成17年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析計
設備の概要
(目的、用途)
本装置は、試料ガスの分離・定性分析を測定するシステムです。揮発性試料であれば直接ガスクロマトグラフィーに導入し分離後、質量分析計にて質量スペクトルを測定します。不揮発性液体試料や固体試料の場合は、熱分解炉を用いて加熱分解し、発生したガスをガスクロマトグラフ-質量分析計に導入することも可能です。得られるデータから、有機物や高分子試料の成分や種類を推定します。
メーカー パーキンエルマー
型式 Clarus500
設備仕様

ダブルショット分析法対応
質量範囲:10-600 Da
加熱炉温度:最大600度

設置場所 研究棟 4F 高分子材料分析室(R411)
問合せ先 材料技術部 有機材料研究室
山中基資(052-654-9888)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成17年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H18.3.17設置)
写真 熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析計の画像

導入年度:平成17年 日本自転車振興会設備拡充補助対象事業のアイコン

装置名 金型作製装置
設備の概要
(目的、用途)
開発したバイオプラスチック成形材料を用いて成形品を試作するための成形用金型の作製を行う。
メーカー 中部日本工業(株)
型式 モールドエクストリーム101
設備仕様

加工精度が5μm

設置場所 中間実験工場 1F 化学工場
問合せ先 支援総括室
飯田浩史(052-654-9904)
その他 この設備は、日本自転車振興会の平成17年度公設試験研究所の設備拡充補助事業によって導入されました。(H18.3.14設置)
写真 金型作製装置の画像
このページの先頭へ