名古屋市工業研究所

  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズを標準にします
  • 文字サイズを大きく

HOME > 研究所案内-主要設備・設備検索 > X線CT装置

主要設備・設備検索

設置設備・装置等の仕様

導入年度:平成29年

装置名 X線CT装置
設備の概要
(目的、用途)
物体を透過する能力を持つX線を利用して、対象の内部構造を含めた3次元画像を取得できる非破壊検査装置です。
製品内部の形状や、欠陥および内包物の分布などを、素早く立体的に評価できます。
また、取得された三次元形状データは、CADとの比較や三次元造形、シミュレーションなど幅広い用途に活用できます。
メーカー (株)島津製作所
型式 inspeXio SMX-225CT FPD HR
設備仕様

最大X線管電圧:225kV

最小焦点寸法:4μm

最大試料寸法&スキャン範囲:φ400×H300mm

X線検出器:16インチフラットパネル(約1400万画素)、階調16ビット(65536階調)

最大透過距離(目安)鉄25mm、アルミニウム100mm、プラスチック200mm

設置場所 中間実験工場 1F IoT活用拠点-3Dものづくり支援センター
問合せ先 システム技術部 生産システム研究室
岩間由希(052-654-9951)
材料技術部 有機材料研究室
名倉あずさ(052-654-9950)、岡本和明(052-654-9902)
その他 この設備は、平成28年度補正予算事業「地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域未来投資の活性化ののための基盤強化事業)」(経済産業省)によって導入されました。(H30.3.15設置)
写真
X線CT装置

このページの先頭へ